「ヴェネツィア―水の迷宮の夢 」と「大理石」からみる ヨシフ・ブロツキー

要約:
「大理石」
時代設定は23世紀。ププリウスとトゥリウスという二人の人間が高さ一キロメートルもある監獄(塔)の中に閉じ込められている。しかも二人だけでだ。だがこの二人は特に何かの罪を犯したわけではない、単に「社会」のために刑に服しているのだ。その国では、理論的にひとつの国のなかの囚人の数は、人口の3パーセントがもっとも望ましいとされている。故に、その国では犯罪したか否かにかかわらず、国の3パーセントの人間をコンピュータで無作為に選んで監獄にいれているのだ。さすがにそれはかわいそうということで、囚人はどんなものでもただで手に入り、ご飯も一流のシェフが絶対あきさせないように作ってくれるような環境で暮らしている。
そんな監獄の中でププリウスとトゥリウスは一生を過ごすことになる。トゥリウスは自称ローマ人で、ププリウスを野蛮人と呼ぶ。トゥリウスは、何事の本質も時間で、トゥリウスが行っている行為(われわれも日常的に行っている行為)は野蛮だというのだ。そして二人は時間をキーワードにさまざまな議論を行う。
「ヴェネツィア―水の迷宮の夢 」
無理やり要約すると、ヴェネツィアにまつわるエピソードとしか言いようがない。ブロツキーの言葉を借りると「これから書くことは、けっきょく物語なんていうものではなく、間違った季節のにごった水の流れみたいなものになるかもしれない。時にそれは青く見え、時に灰色にも茶色にも見える。しかし常に冷たいし、とても飲めた代物ではない。」のような感じなのだ。
意見:
ヴェネツィアをはじめて読み終えたとき、はっきりいって微妙な感じだった。文章は申し分なく美しく、芸術的である、しかし自分はそれをどれほど理解できたかは非常に疑問である。この本は絶対読めば読むほど意味が深まるのである。そして、ぼくにはこの本の真の深みを知る余地がまったくなかった。だが、僕はこの本が好きになった。真っ先に本棚の一番見えやすいところにおいたのだ。表紙はもちろん神秘的でいい感じになっているし、なんとなくこの本を持っていると知的であると感じたからだ。

Continue reading “「ヴェネツィア―水の迷宮の夢 」と「大理石」からみる ヨシフ・ブロツキー”