My schedule at B-school

MBAに来てから思ったより大分忙しい。これだと重要だけどコースに含まれていないことができなくなってしまうので、一度来週のスケジュールを例に分析をしてみた。平日の9時から夜21時までのスケジュールをカテゴリー別に統計を取ってみると
– Class 21 hours
– Seminar, event(e.g. industry specific event, CEO talk) 10.5 hours
– Prep and homework for Class 7.5 hours
– Dinner with friends 5 hours
– Learning Python 3 hours
– Running 3 hours
– Others 2 hours
Total 52 hours
これは昼飯とか移動とか一切入れていないので、ほぼ稼働率100%ということだ。
授業系を減らさない限り、深夜か週末にしか作業時間はないらしい。

MBA's dream jobs

MBAは一種の就活学校である。最初の週から就活課から半日講義を受ける。
その講義によると、今年のスローン生のドリームジョブは(複数選択可)
-コンサル 39%
-ハイテク 36%
-PE/VC/ヘッジファンド 28%
だそうだ。MBA生が群がる業界はバブルが近いと聞いたことが有るが、いまのコンサル業界は弾けるほどのバブルは残念ながら無いと思う。
因みに昔の花型であった投資銀行は僅か8%。時代は確実に変化している

Orientation

来週の学期スタートに先立ち、今週は一週間のオリエンテーションがあった。
このオリエンテーションは、今後半年間一緒に勉強するグループと一緒に行う。
参考までに僕のグループは
-アメリカ 4名 (軍人、オンラインゲーム、ITコンサル、???)
-ナイジェリア 1名 (石油)
-イスラエル 1名 (軍人)
元々想定はしていたが、やはりネイティブがお互いに英語をしゃべっていると聞き取りにくい。MBAだと所謂ケースディスカッションを行う必要があるのだが、それまでの発言が十分に理解していないと、その後発言することは難しくなってくる。慣れるまでは、とにかく早めに発言するしか無い。

Become a student again

先々週からボストン入りし、英語があまり達者ではない外人が受けるプレスクールのようなものを受けている。家具を調達し、様々な手続きを行っていくと、学生になった実感がする。最初は凄く不思議な感じがしたが、二週間も経つと結構慣れてきた。
莫大な金銭面とキャリアの機会コストをMBAに投資しているわけで、正直不安でないと言えば嘘だ。来たからには最大限にその効用を高めるべき、この数日この二年間のプランを練っていた。所謂コンサル経験者なので、少し一般的なプランと異なるところもあると思うのが、共有してみたい。
-グローバルな環境でリーダーシップを発揮する、言語面と文化面でのバリアを突破する
色々キレイ事を言ってもやはりこれは主な目標の一つだと思う。今まで英語で仕事をしたこともあるが、それはあくまで補助的かつ非ネイティブスピーカーとのケースが多かったため、リーダーシップを発揮するには結構なチャレンジがあると思う。2年間ただ普通に過ごしても逃げることは簡単なので、自分から挑戦をどんどん仕掛けていかないといけない
-得意分野を一つ作る。ビッグデータか?
今までコンサルにベンチャー経営だったので、チャートを書いて指図はできるが、自分では何も出来ない。この二年間は比較的時間があるはずなので、いまのベンチャー事業の延長線上で、ビッグデータ系の分析をひと通りできるようになりたい。そういう意味で考えるとMITは結構いいチョイスかも知れない
-新規事業立ちあげに必要な事務型のスキルを身に付ける。ファイナンス、人事?
コンサルや外銀の説明会には顔をだすと思うが、そういったMBA生に最も人気があるようなキャリアには余り興味はない。やはり自分で立ち上げるか、伸び盛りの企業の社内ベンチャー的なものをやることになると思う。そうすると今の自分に欠けているのは、ファイナンス系と組織系の知識だと考えている。まぁ、一旦マスターしても大半は忘れてしまうと思うが、少しでも習得できればと思う
-世界を旅し、感性を磨く。ランニング以外の新しい趣味を探る
MBAは結構狭い特殊な世界だが、それでもライフワークバランスについていろんな考え方があるのにはびっくりした。人生をもっと豊かなものにするために、まずは旅をしたい。中南米、アフリカ、中東の内2つは行く。それとセーリングをマスターする。
まだプログラムが始まっていないので、今後はその他の機会も積極的に探っていくが、MBAは機会があり過ぎるので、いまはこれくらいに絞っておきたい。

Finally…

丸一年間費やしたMBAのアプリケーションプロセスが終盤を迎えた。
Round1で4校出願したが結果は以下の通り。
MIT Sloan  合格
UC Berkeley 合格
Harvard   インタビュー招待
Stanford  全然ダメ
一番つらかったのは、やはりGMAT。Sentence Correctionの正解が何故正解なのかが、全く分からず、一ヶ月の特訓の末点数が下がったときの失望感は、未だに鮮烈な記憶として残っている。深夜と早朝に加えて土日も、予備校に通い詰め、減点対象とはならないような点数がなんとか取れた。
これから色々な方の意見を踏まえて、貴重な2年間をどこかで過ごすかを決めていきたい。

My last week in the US

Let’s have a review to find out that whether I’ve achieved my goal or not.
1. TOEFL
Goal: 105
1st: 101 (R:24, L:30, S:22, W:25)
2rd: 97 (R:27, L:27, S:22, W:21)
3rd: 105 (R:27, L:27, S:22, W:29)
4th: 110 (R:30, L:30, S:23, W:27)
For Asian non native speakers, the best strategy is to concentrate on reading, listening and writing. I’ve tried so hard for 2 month, but end up only increasing one point in the speaking section.
2. GMAT
Goal: 700
1st: 650 (Q:49, V:31)
2rd: 660 (Q:50, V:30)
Apparently, I have a big problem with the verbal section, especially sentence correction. At the beginning, I thought I can master verbal by improving my English fundamentally. The result shows that I was wrong and I’m going to take courses in GMAT prep school.
3. FSI (The interview test operated by a English school in Japan)
Goal: 2.9
Before coming to US: 2.4
Now: 2.84
I’m going to take my last FSI the day after tomorrow, hopefully this time I can hit 2.9.

English

It seems that some people think I’m here for the vacation.
Let me declare that it’s a huge misunderstanding and study brought me to the US.
Here is my very subjective summary about my English improvement.
WS000000.JPG
Reading:
It’s strongly related to vocabulary. After I have mastered more than 1,000 words through iknow, it became not so difficult for me to read normal newspapers and books. Of course, speed of reading is still much slower than either Japanese or Chinese.
Listening:
Listening lots of podcasts everyday really helps me a lot. Although I still find difficulties on coming across conservations between natives, TV and movie are not so difficult for me know.
Wirting:
Thanks to TOEFL, I have mastered a kind of formal writing. From now on, I should focus on writing in a more natural way
Speaking:
It’s a pain on my neck for a long time and I haven’t find the magic solution yet. It highly depends on my condition. And it’s difficult to get rid of all grammar and pronunciation errors.

WHY MBA?

Why MBA?
All MBA prospective students can’t get by with avoiding this question.
When I was student, I never doubted about the effectiveness of MBA degree. However, when I came to States and began to think about this question seriously, I found that it’s not a pretty easy question to answer. After visited 4 classes in the top MBA school, I’m sure that knowledge-wise there will be very limited or even no take-away for me.
Following is my preliminary thoughts.
1. Design my career plan without boundaries
First of all, I don’t have enough time and mind share to craft my career plan. Sometimes, I try to take advantage of 3 days vacation to come up with a plan, but usually it will end up producing very short term goal which is not inspiring at all.
In addition, consulting firm is a extremely homogeneous work place. Most of people are thinking the exactly same career plan. It doesn’t allow me to chart my future course with a broad perspective.
In my view, 2 years time and diversity of people will help me to design my next 20 years career plan.
2. Become a real global business person
If I really want to engage in the business related to both of China and Japan, English is the language I must to master. To master English means that I will feel very comfortable to lead a multinational team. Although it’s not impossible to gain this capability within my current company, MBA is a shortcut to it.
As the next step, I should weigh up between those benefits and MBA’s financial/opportunity cost.

First TOEFL score

Yesterday I received my first iBT TOEFL test result.
Reading: 24
Listening: 30
Speaking: 22
Writing: 25
Total: 101
Score is much better than I thought, especially the writing part.
However, I still need to go extra miles to increase at least 4 points in order to meet the requirements from the top B-schools.