Hectic Business Trips

今までに無いペースで出張を繰り返している。
先週の月曜日から今日までカウントすると、
東京→上海→青島→長沙→南寧→北京→ハルピン→上海→青島→瀋陽
という感じ。
ちなみに明日はハルピンに飛び、明後日は上海。
狭いエコノミーの機内に乗っていつも思うのが、搭乗率の高さ。
平均で95%は超えているのではないか。一回はoverbookingで次の便にされてしまった。
航空インフラが需要に追いついていない気がする。

Email

最近やたらとメールが多いと思ったので、昨日を例として調べてみた。
全体発信のジャンクメール、メルマガは含まない。
会社のメアド
受信86通
送信39通
Gmail
受信19通
送信7通
合計
受信105通
送信46通
メールの閲覧に1分/通、作成に2分/通、時間がかかると仮定すると、昨日の僕は197分間、3時間強もメールに使っているらしい。少なくとも一日の勤務時間の20%くらいはメールに費やしている計算だ。
経験上、メールでのコミュニケーションは電話や会議より著しく効率が悪い。でも通信コストはただに近いし、相手の心情を気にしなくても良い。会社の中だけでも、一日送信できるメールの上限を20通にするとどうなるのだろうか。

Why it’s easier to get tired on the plane?

最近ほぼ毎日飛行機に乗っている。ずっと不思議なのは、ただ座っているだけなのに、なぜか疲れてしまうのだ。いくつか原因を考えてみた
1. 超文系バカの同僚曰く、人間は高速移動中分子レベルでダメージを受けるから疲れる。これは非科学的な気がする
2. 拘束されていて、自由度が少ないことによる心理的な疲れ。これは一理あるが、ビジネスクラスでもあまり疲れの度合いに変化はないので、ちょっと怪しい
3. 飛行機に乗る前後の、空港までの移動、チェックイン、出国手続き、税関、待ち時間、延着、荷物を受け取る等の手続きが煩雑で疲れてしまう
4. 食事を摂るリズムが崩れ、その上大したものが食べられないことによる疲れ
5. 知らない人と隣合わせで長時間過ごすことによる心理的な疲れ
6. 狭い空間で無理やり仕事をするため、窮屈+非効率性による疲れ
いずれにせよ、飛行機に乗るとそれだけで疲れるので、ついつい仕事をした気になってしまう。でも傍からみると、単に仕事をせずに座っているだけにも見える。他の人は必殺回復法でも持っているのだろうか。

Think Pad X220

3年ぶりに、ノートPCがX61(Windows XP)からX220(Windows 7)にアップグレードされた。Lenovoのホームページを見る限り、いま市場に出回っているポータブル型ビジネスノートPCでは一番はやい部類に入るらしい。一世代前のPCを販売していた僕にとっては、ほとんど夢のようなスペックだ。
x220_hero.jpg
確かに体感速度は上がった気がする。でもX220でできたことの9割は、僕が小学校5年生の時に買ってもらったPCでも確実にできた。多少遅かったかもしれないが、ネット、メールやオフィス程度であれば、速度にもそれほど差はなかった気がする。なぜスペックは圧倒的に向上しているのに、最終的なパフォーマンスにそこまで影響していないのか?しかも一般的にはIT業界でのイノベーションは早いと言われているのにだ。
寡占の怪物Windowsが悪さをしているのだろうか。

Cooking Class

会社のイベントに参加して、料理教室でパンを作った。
IMG00021-20110617-1558.jpg
思ったこと
1) 自由度が少ない
一つのチームに、一名の先生がついて、
その方の指示に従って粛々と進めていく。
箸の上げ下げまで管理されている感じで、
個人の創造性を活かす空間が全くない。
修行的な要素が濃く、楽しさが感じられない。
2) 再現度が低い
材料、設備すべてを事前に用意されており、
自分で一から用意すると恐らく3倍くらいの時間は掛かるのではないか。
一方的に教師の指示に従っているだけなので、
ほとんど作り方が頭に残っていない
3) ネットワークを形成するという観念が無い
僕の仮説として、料理教室友達でコミュニティが形成し、
それがスイッチングコストを高める、というものがある。
なぜかこの教室は、メアドを含める一切の個人情報を要求してこなかった。
ABCクッキングが成功した理由がよく分かったし、
まだまだポテンシャルのある業界と感じた。

Trail Running

昨日初めてトレイルランを走った。山登りを走り抜ける競技という風に僕は理解している。
2007年のロスマラソン以来、毎年3回以上は走っているわけだが、
大体タイムも分かってきたし、どのタイミングが苦しいかも予想がつくようになった。
それではあまり面白くないので、未知への挑戦と意味も込めて、21キロ山道を走った。
11fd0344-s.png
マラソンと比較すると
1)後に下がれない
マラソンは自分の体力、天気等と相談しながら、
自分に一番適したペースに調整して走れる。
しかしトレイルランは、細い山道を走るため、
走るスペースが一人分しかなく、周りと同じスピードで走るしかない。
大体休日に山奥で山道をダッシュで走ろうと思うやつは、
結構足が速い人が多く、下り坂をおりるときはスリル満点だ。
どんなに体力が無くても、やりきらないと行けない。
より自分の限界を超えやすいといえるかもしれない。
2)精神的に辛い
山道だから1キロあたりの標識など当然無い。
いま自分が何キロ走っていて、それが全体の何%で、
あと山をいくつ越えないとダメなのかが全く分からない。
高度差の関係で、ペースも一定ではないので、推測も不可能。
唯々体力が消耗されていくなか、ゴールが見えないのは心細い。
ちなみに、給水所も少ないので、水を背負って走る必要がある。
水がいつ切れるのかとどきどきしながら走っていたので、平地に戻ったときは本当にほっとした。
トレイルランの最高峰は、富士山を登って下る42キロのコース。
来年あたりには挑戦してみたい。

Cocktail party with hotel manager

先日BtoCの業界はもっと顧客の声を聞き入れるべきだ的なエントリーを書いた。
それの効果かどうかは不明だが、先週突然ホテルから電話がかかってきて、
「ホテルの支配人がプラチナ・ゴールド会員限定に、
カクテルパーティを開催しますので、是非ご参加を」とお誘い頂き参加した。
参加した結果からいうと、少なくともこのホテルグループはあまり、
個人向けのサービスを注力しなくてもいいと思った。
理由は:
-プラチナ・ゴールド会員のほとんどはヘビー出張者で、
サービスが多少悪くてもホテルを変えない
そもそも年50泊も同じホテルチェーンに泊まっている人は、
指定されたコーポレートホテルに泊まっているだけで、
スイッチングする権限はない
- カンファレンス、結婚式、旅行団の受け入れのほうが安定的に利益が入ってくる
このホテルグループの2,3割はこの種の需要なのではないか。
きっと専門部隊が営業にかかっているはず。
-このホテルの価格設定は、企業側には低く見せ(部屋の値段)、
個人が費用としてレインバースできるところで儲けるモデル(クリーニング、ルームサービス)

Bubbly Shanghai Night

IMG00017-20110520-2204.jpg
友人と上海の夜に繰り出す。
レトロな上海料理屋で食事を終え、タクシーが捕まらず、
仕方なく近くのハイアットの最上階のバーに行く。
10時半くらいですでに行列が出来ており、テーブルはすべて予約済み。
最低消費2万円という条件でやっとテーブルを一つ確保。
その後香港広場近辺のクラブに移動。
1時を回っていたが、人が通れないほど賑わっている。
踊り台で怪しげなダンスをする人、
2リットルはあると思われるウィスキーボトルをもっているひと。
まさにバブル現在進行形だ。

iOS 4.2

Few days ago, Apple has updated OS for iphone and ipad. I thought it’s just a normal update, but surprisingly my iphone 3GS became at least 20% faster. When I type something, I feel it as smooth as iphone 4.
I guess there must be huge investment and efforts behind this update.
But why is Apple happy to invest such a big amount of money?
800px-IPhone_sales_per_quarter_simple.svg.png
If we look at the iphone sales figures, we will find that the first sales peak was 2008 Q4. And most of customers got their iphone with 2 year contact. It means that by the end of this year their contact will expire. Given the strong momentum of Android, lots of customers will probably switch to Android, if Apple does nothing.
If I were Stave Jobs, my strategy would be to try everything possible to keep current 3GS users. And releasing a brand new product in 2011 Q3 in order to catch the biggest peak from 2009 Q4 to now.