Waseda-Keio baseball game

どうやら大抵の国では、トップの大学は2つに絞られるらしい。
中国では北京大学と清華大学だし、英国ではオックスフォードとケンブリッジ。日本の場合、私学の二強は言うまでもなく早稲田と慶応だ。
早稲田と慶應による野球戦を一般的に「早慶戦」と呼ぶわけだが、この始まりはなんと1903年まで遡ることができる。この伝統ある「早慶戦」を、早稲田学生席で見ることができた。
RIMG0026.JPG
試合自体は、昨日早稲田の優勝が決まっていて、消化試合に近かったので盛り上げに欠けたが、応援合戦は素晴らしかった。中国にも体育祭で応援するという習慣はあるのだが、それは学校側から厳格な練習スケジュールが決まっており、半強制的に参加するのがほとんどだ。それを極めた形が、北朝鮮の10万人マスゲーム「アリラン」だろう。
中国の応援スタイルとは対照的に、今日の応援合戦では会場が一体となって、掛け声から拍手、応援曲・応援歌、エール交換などを自発的に行っていた。まったく知らない人と肩を組んで、一緒に早稲田校歌を歌うのはなかなか面白い体験である。このような応援合戦も、日本独自の文化の現れかも知れない。

The 2nd Luck's Job Hunting seminar

ラックファクター第二回大規模勉強会を昨日に開催しました。雨の中わざわざお越しいただき、一日中イベントに付き合って下さった就活生の皆様;ボランティアで、快くグループディカッションのフィードバックを引き受けてくれた内定者の皆さん、本当にありがとうございました。
ベルサール西新宿でイベントをやっていたのだが、ちょうど大和生命の債権者説明会が同時に開かれており、入口は各テレビ局のカメラクルーでふさがっていた。怒ったおじさん、おばさん方がたまに間違ってラックの勉強会受付に来るのが、就活勉強会という概念を伝えるのにかなり苦労した。
イベントで僕はコンサルのジョブ対策を担当したのだが、就活生の視点に立ってジョブでの振る舞い方を伝えるのが、如何に難しいかがよく分かった。内定以降、会社のトレーニングでジョブのようなものを何回も行っているので、よくも悪くも内定先特有の思考回路が身についてきた。しかしそれを180名の就活生に、One way communicationで伝えるには、ちょっとハードルがあったと思う。
就活生向けには小規模イベント;内定者向けには各種セミナーを今後開催していく予定ですので、引き続きよろしくお願いいたします。

Stand under a waterfall, meditation

先日ラックファクターメンバーの一人と、一泊二日で滝行、瞑想の旅に行ってきた。本当は夏前にラックの全メンバーで行く予定だったが、それが登山合宿になってしまったので、滝行、瞑想合宿は中止となった。そのリベンジも兼ねて、青梅御岳山にある「静山荘」にお邪魔してきた。
takigyou.jpg
○滝行
滝の激流でかなり痛いのかなと思っていたのだが、それよりも凍りつけるような水温が関門だった。まずは滝のそばで、ふんどし一丁に着替える。そして神道の様式に則って、神への言葉を唱える。己を捨てて、山と一体になることをイメージするように言われるのだが、滝に入った瞬間、もう立っているのが精一杯。30秒ほどの滝行が終わると、すでに全身震え上がっている。これぞ修行という感じだ。
○瞑想
瞑想は、座禅のようなものをイメージしていたのだが、いたって現代的心理療法のようなものだった。瞑想後は、蓄積されたエネルギーを使って簡単なエクスサイズをするのだが、自分でも信じられないような現象が普通に起こってしまう。科学の限界を垣間見た瞬間だった。

Presentation for the real client

以前のエントリーで書いたように、某外資系消費財メーカーに対して、ソフトコンタクトレンズのマーケティング提案をしている。アンケートにご協力頂いた方、本当にありがとうございました。
先日クライアントの本社に行き、中間プレゼンをしてきたので、ご報告をしたいと思う。
Summer Challenge_Team_LSSM_Final.ppt
社名と商品名が分からないように調整をしたので、ロジックが多少飛んでいます。
ビジコンには何回も参加したが、実際のクライアントに提案するのは今回が二回目。簡単な感想を。
○正しい提案でも、クライアントに受け入れてもらうとは限らない
絶対に正しい提案は存在しないと思うが、客観的に判断してベターな提案を存在する。しかしながら、クライアントにはいろいろと制限条件があり、必ずしもそのベターな提案を飲み込むとは限らない。制限条件を明らかにし、それらを突破していくのが、コンサルタントの腕の見せ所だろう。ベターな提案ができることは、そこまで凄くない。
○ロジックの正しさは、ほとんど評価されない
社内の研修であれば、まずコンサルタントとしてのロジックの正しさが評価される。ロジックが飛んでいるかどうか、もれダブりがないかどうかなどを、スライド一枚ずつじっくりとレビューされる。しかしクライアントにとって重要なのは、バリューのある提案であり、ロジックの正しさはどうでもいい。限りなくMECEな提案でも、実際に意味のないものである可能性は大いにある。
10月上旬に最終プレゼンをおこなうので、今回得たフィードバックをもとに、提案をさらにブラッシュアップしていきたい。またアンケートをお願いする際には、よろしくお願いします。

Luck's mentor group event

今週末は、ラックファクターのOBと箱根で登山合宿を行った。前回のマラソン以降全く運動していなかったので、よいリフレッシュとなった。それ以上にOBとの会話の中でさまざまな気付きがあったので、忘れないうちに書きとめてみたい。
img_20070815T004912312.jpg
● タテ社会の厳しさ
今回合宿の実行フェーズは、僕が中心となって進めていたのだが、社会人の目からすると、必要なクオリティレベルに達していないらしい。日本では、会社の一番下っ端が飲み会などの企画を実行に移す役割を担っているのだが、そこで先輩からの理不尽な要求も多々あるらしい。今回はラックのOBなので、無事終了することができたが、日本のビジネス界で生き残っていくには、後輩としてのかわいさもアピールする必要があるだろう。
● ラックファクターというコミュニティーの特殊性
外資かぶれの連中が、なまった体を引きずりながら山を登り、日が明けるまで徹底的に本音ベースで議論する。この光景は客観的に見たら、相当気持ち悪いと思う。だが、この気持ち悪さがラックらしさであり、ラックの最大の差別化要因である。ラックファクターに入って本当によかったと思う。
● 外資若手の心得
最初の1,2年目は、先輩の言われるままに仕事をこなし、それなりに楽しい生活を送るそうだ。しかし3年目ぐらいになってくると、仕事もそれなりにできるようになって、悩み始めるようになるらしい。悩みの解消方法はまだよくわからないが、とりあえず仕事をこなせるようになる期間をできるだけ短縮し、同期の中で最初に悩める人間となりたいものだ。
● 対人能力の低さを痛感
僕はロジックのありそうなコミュニケーションをしているだけで、本質的には相手に響いていないことが多い。相手の言葉ではなく、その言葉の背後にある気持ちを汲み取り、意味のあるコミュニケーションをできるようにしたい。

Camp of the consulting potential recruits

週末を利用して「外資コンサル.com」の高田さんが主宰している、【2009年度 PCU内定者 春合宿】に参加してきた。詳細は、こちらから
合宿は「茨城県立さしま少年自然の家」という施設で行われ、名前のとおり自然に囲まれた週末を過ごすことができた。思ったことをいくつか。
p0191.jpg
まずは、僕が非常に恵まれた立場にいるとしみじみ感じた。数あるコンサル会社の中で、やはりM社との相性が一番いいと思ったし、M社が僕に対して提供してくれるものも業界随一であろう。この好条件を活かして、精一杯成長したい。
またコンサルは、単なる問題解決のスキルでは成功できないということを再確認した。誰がお客さんで、コンサルのバリューはどこにあるのかを、明確化することは非常に重要だと思う。
合宿の前日に、テレビ局とR社の先輩とご飯を食べていたのだが、そこでもコンサルの話題が挙がっていた。コンサルを使っている側のお話が聞けるのは非常にありがたい。コンサル業の理想と現実のバランスをとりながら、M社でのキャリアを歩んでいきたい。
【Update713】
若手がやめてしまう。まだスキルが身についていないのに。
→「たまたま」なのに、「そもそも」と決めつけてしまうのは勿体ない
1~2年目は、上司のニーズを満たす。
3年目以降は、自分のバリューを出す
Feedback is Gift
FBがもらえるのは、一年まで。

Blue Man Group Show in Roppongi


昨日BLUE MANのショーを見に行った。六本木ヒルズの裏にあるインボイス劇場という、世界で初めて「BLUE MAN GROUP」のために作られた専用シアターで行われている。
BLUE MANの特徴として、ストーリー性を完全に排除していることがあげられる。イメージ的には、若手芸人の小ネタのオンパレードである。ストーリー性が求められていないため、それぞれの人物を識別する必要がなく、キャストがみな青い坊主である設定が可能となる。むしろ、キャストが演出道具の一部という感じだ。
ストーリー性がないと飽きられやすいので、コンテンツの面白さと、つなぎ目の円滑さでカバーすることになる。コンテンツ自体はストーリーになっていない分、先が読めなく、毎回驚かされる展開になっている。またコンテンツのつなぎ目のオペレーションも見事にこなしており、観客の視線をうまく操ることに成功している。全体的に、完成度が高く、お客さんへのサービス精神があふれている。
また、このショーでは最新のテクノロジーがいたる所で活用されている。このテクノロジーのおかげで、観客とのインタラクティブな交流が可能となり、視覚的に刺激の強い演出となっている。ハイテクとアナログをうまい具合に融合しているのが面白い。
今回のコンテンツは明らかに日本風にローカライズされているが、基本的にBLUE MANのショーは世界共通の面白さだと思う。前提知識はほとんど必要なく、人間のベースとなる心理をうまく利用している。グローバル化の時代にふさわしい演出だった。

Luck Factor presents "Job Hunting seminar"

ラック関連のエントリーが続きますね。
今度は、就活生向けの小規模イベントです。大規模勉強会と比べて、もっとインタラクティブに交流できると思います。
外銀サマーのアプライで忙しい時期だと思いますが、ちょっと覗きに来てもらえばと思います。ESの添削もあるので、早めの応募でお願いします!
以下、告知文です。
—————————————————————–
お待たせいたしました!!
ラックファクターが主催する2010年度就活生向け小規模勉強会第1弾の開催が決まりました。

Continue reading “Luck Factor presents "Job Hunting seminar"”

Luck Factor presents "MBA seminar"

外資の採用は年々早まっているようですね。今年のMSは既に春から懇親会をやっていると聞きます。内定から卒業までが一年以上あるというのも、珍しくなくなりました。
外資内定者の皆さんは、残りの一年をどうやって過ごしていますか?僕は、自分のキャリアについて考えるいい機会かなと思っています。
自分がMBAに興味あるということで、今回下記のようなイベントを開催することになりました。09内定者で、MBAに興味のある方はぜひご応募ください。
HBS-bldg.jpg
以下、告知文です。
———————————————————
激戦の就職活動を勝ち抜いた皆様、大変お疲れ様でした。
「さぁ、残りの学生生活どう遊び倒そうか」とお考えの頃かと存じ
ます。
この比較的時間のある時期に、これからのキャリアについて
考えを進めてみませんか。

Continue reading “Luck Factor presents "MBA seminar"”

LuckFactor's Party !!

前のエントリー記事で紹介したように、僕はいまラックファクター5期スタッフをやっています。その5期スタッフが今回「09年度内定者交流会」を企画しました。09内定者の方は、ぜひご参加いただければと思います。
以下、詳細。
■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■□■□
              ラックファクター5期スタッフが贈る
                「09年度内定者交流会」
              
■□■□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ■□■□■□
~09年度内定者交流会概要~
【日時】
2008年3月28日(金)
18:30 受付開始
19:00 スタート
21:00 終了
*18:30~19:00の間にご来場頂けることをお勧め致します。
【会場】
エラグ青山-eragu aoyama- 
     
【アクセス】
http://www.eragu.net/
表参道駅徒歩2分
・表参道駅 B1出口を出る。
・青山通りを渋谷方向に向かい歩く。
・1つ目の信号の交差点の左前方に
 STARBUCKS COFFEEがあります。(骨董通り沿い)
・STARBUCKS COFFEEの入っているビルの地下1階になります。
【予算】
09内定者 \3500
08内定者 \4500
(尚、予約なし当日参加の方には上記金額+\500となります。)
(フリードリンク、軽食のご用意もあります。)
(当日はつり銭の無い様、ご協力下さいませ。)
【ドレスコード】
特にございません。
【参加条件】
08・09内定、内々定を得ていること。
内定先の会社の条件は、ありません。どなたでもご参加ください。
当日は08年度内定者20人程度、09年度内定者100人ほど参加します。
縦横の内定者間の交流などにご活用ください。
【参加者内定先】
ゴールドマン・サックス証券、モルガン・スタンレー証券、メリルリンチ日本証券、リーマン・ブラザーズ証券、JPモルガン証券、UBS証券、ドイツ証券、マッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、アクセンチュア、ドリームインキュベータ、CDI、P&Gなど
【2次会について】
当日、21:30程度より2次会を予定しております。
【応募フォーム】
・お名前
・連絡先(携帯番号、アドレス)
・所属
・内定先
・2次会参加 有・無
をご記載の上、3月25日(火)までにt.ogawa@luck-factor.com (小川 貴史)
までご連絡ください。
ご質問等ございましたら、t.ogawa@luck-factor.com (小川 貴史)までお気軽
にご連絡くださいませ。
なお、この告知文を引き続き転送、ブログ、mixi日記などへの掲載などを通じて、
できるだけ多くの方にお知らせいただきますよう、お願い申し上げます。