Vice News

アメリカのオンラインメディアに激変が起きている。
Vice.JPG
Buzzfeedに代表される新興メディアの台頭がその一つだと思う。これらのメディアの特徴は、エンタメ寄り、キュレーションまたはユーザーが作ったコンテンツ、ソーシャルメディアによる拡散、徹底したデータサイエンス。Buzzfeedはこの数年でアメリカトップ10のデジタルメディアになったし、バリューエーションも850億に達する。Playbuzzというサイトもクイズ形式を利用し、Buzzfeedの半分程度のトラフィックを数ヶ月で達成した。はっきり言ってこのようなメディアの内容は極めて薄い。クリックしたくなるタイトルで客を寄せるが、内容はイマイチな場合が多い。モバイルに注力し、スキマ時間をマネタイズするという観点からはソーシャルゲームにきわめて似ている。
一方でニッチ層を狙ったメディアもじわじわ支持層を増やしている。Vice Mediaがその代表格だ。戦争、ドラッグ、テロや疫病等の社会的問題に切り込んで行くのが特徴だ。若干画面の描写がリアルすぎるという意見もあるが、ジャーナリズムの真骨頂といえるような名作を多く残している。例えば最近のエボラに関するドキュメンタリー。
Outbreak in Liberia: The Fight Against Ebola (Part 1)
エボラが最も深刻なリベリアにジャーナリストを送り込み、命の危険を犯してまで現地の実情を正確に報道する。これはBBC, CNNでもできていないことだ。以前このようなシリアスなコンテンツはお金にならないと思われていたが、Vice Mediaはすでに580億円調達している上に、スポンサーコンテンツの売れ行きが非常に良い(一作品数億円)。
まぁビジネスなので、いい悪いはないが、個人的にはVice Mediaに頑張ってもらいたい。ジャーナリズムとビジネスの新しいカタチの融合だと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.