Compensation in Bay Area

シリコンバレーのお給料の事情について少し書いてみたいと思う。
先日どっかの記事でテック企業で働くインターンの給料が高過ぎると書いてあったが、実際の給料はメディアに出ているものよりも遥かに高水準。大企業はもちろん、Pre IPOの会社でも年収に換算すると1,000万円より少ない企業はあまりないだろう。これに加えて住宅手当とか、旅費とか色々出る。
Capture.JPG
これが正社員になると少しアップグレードし、年収で1,300万円から1,500万円くらいのスタートとなる。もちろんに職種によって違いはあるのだが、職歴5年-8年位だと大体こんな感じだろう。Pre IPOの会社であれば、これにストック・オプションも加わる。これは数百万円から多くても1000万円というのが相場だそうだ。
これだけ読むとさすがシリコンバレー!という感じになるのだが、実際のところそんな贅沢な暮らしができるわけでもない。まずは家賃が高い、単身でも2,000ドルは軽く超える。しかも毎年10%増。家を買おうと思ったら手付金で5,000万円はかかる。また税率が高い、僕のようなインターンでも税率がすでに4割弱。あと致命的になのが、給料があまり上がらず2,000万円前後でガラスの天井にぶち当たることだ。特にネイティブスピーカーでない場合、プロダクトマネージャー以上のマネジメントロールにつけないので、それ以上の給料をもらうことは極めて難しくなってくる。
なので、海辺にドカーーンと別荘を建てたいのであれば、結局のところ起業もしくはいまだとヘッジファンドという道しか残されていない。前者はハイリスク・ハイリターン、後者はミドルリスク・ミドルリターンと言った感じだろうか。
まぁ、天気が素晴らしくいいので、個人的にはこれだけで取られた税金くらいの価値はあると思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.