Immigrants in Valley

先日どこかの記事で、シリコンバレーのテック系企業で、始めてアジア系の従業員が白人を超えたと報道されていた。実際の所、人種もそうだがシリコンバレーは殆ど移民で成り立っていると感じる。
僕がいま働いているプロダクトマネジメントチームは、トップがインド系アメリカ人、メンバーにロシア系アメリカ人、インド系アメリカ人三名、韓国系アメリカ人と白人アメリカ人二名がいる。これが隣のエンジニアチームになると、半分が移民してきたアメリカ人で、残り半分が高校以降にアメリカにきた外国人となる。勿論、人事とか会計とかは殆ど生粋のアメリカ人なので、全体的に見ると移民一世と外国人を合わせると6-7割は硬いと思う。
KPCB.png
KPCBの分析に依ると、半数以上のスタートアップは移民が作ってきたらしい。
文化も言語も全く異なる人達が、共通のコンピュータ言語を元に一緒に仕事しているのは、よく考えてみると非常に奇妙な姿だ。世界的に見ても、シリコンバレー以外に、あとはイスラエルくらいしか無いのではないだろうか。
ところが911以降、急速に移民の流れが変わり、文系卒業生がアメリカの就労ビザ(H1-B)を取得することはコンサル、金融業界以外で殆ど不可能となっている。テック系の企業で働くにしても、H1-Bを取得するには抽選が必要で、2年連続で当たらず泣く泣く本国に帰る人もちらほら聞く。
シリコンバレーにとってこれは死活問題なので、facebookを始めとするテック系の企業はロビーイングを強め、ひょっとしたら来年には起業家ビザが新規にできるかもしれない。殆どの組織の進化は市場に追いつけないわけだが、今後のシリコンバレーに期待したい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.