Tech companies in Silicon Valley

今週からシリコンバレーにあるアドテク系の会社でインターンを始めた。アメリカで働いて給料を稼ぐのは人生でこれが始めてだ。
silicon valley.JPG
この会社はいわゆるVCがサポートしているテック系の会社で、シリーズCまで調達し、来年くらいにも上場すると噂されている。会社自体は本当にイケイケドンドンと言った感じで毎週5-10名程度採用しているようだ。ちなみに、いま全社のサイズが400名程度。やめるのも早いので、年末までにあと150名程度増える予定とのこと。
ちょっと驚いたのが、会社のワーキングスタイル。夕方の6時には殆どの人はすでにオフィスにいない。出社は大体10時。家で仕事をしているかと最初思ったが、そうでも無いようだ。僕のいるフロアの3分の1くらいは、キャンティーンスペースになっていて、卓球台やビリヤード台などが一通り揃っている。ランチが終わった後、普通にみんなそこで遊んでいるし、午後になるとビールを片手に楽しんでいる人も多い。勿論、朝昼晩のご飯はバイキング形式で会社が用意して、ビール・ウィスキー等のアルコール類も大量に積まれている。
一方でアジアでスタートアップをやっている人間からすると、これはびっくりするくらいゆるすぎる。普通は飯も食う時間がないし、夜は12時まで働いて当然だし、土日だって必要なときは働くものだと思っていた。うちの会社がおかしいのかと思って、他の会社も回ってみたが、6時にはどこも人はいなかった。
今日の昼にWhisperで働いているエンジニアとランチを食べたが、Whisperのような規模(20人くらい?)でもワーキングスタイルは一緒とのこと。僕が疑問をぶつけると彼はこのようなワーキングスタイルのほうが実は効率がいいと主張していた。彼は中国系アメリカ人で、以前中国のスタートアップでアジア式の熱血カルチャーの洗礼を受けたこともあるらしい。しかしいいプロダクトを作るためには、考える時間も必要だし、勉強する時間も必要。コーディングする時間は1日3-4時間が最適だと言う。
結果的には同じくらいのポジションであれば、シリコンバレーのほうが給料が1.5倍は高いし。イノベーションを確実に生み出しているのも事実だ。
勿論アジアとの就職市場のダイナミックス自体が異なるから単純比較は出来ないのかもしれないが、ワーキングスタイルが劇的に異なることは否定出来ない。少なくとも夏の間は、こっちの流儀で少し働いてみたいと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.