Don't be evil

Don’t be evilはGoogleが大切にしているモットーの一つだ。スターウォーズでいうと、フォースを持っているのであれば、ダークサイドに落ちずに、ジェダイとしてミッションを全うせよ、といったところだろうか。
google.jpg
先週Google Driveの料金体系が大幅に安価になった。それと同時に利用規約も変更されている。以下がそこからの引用だ。
When you upload or otherwise submit content to our Services, you give Google (and those we work with) a worldwide license to use, host, store, reproduce, modify, create derivative works (such as those resulting from translations, adaptations or other changes we make so that your content works better with our Services), communicate, publish, publicly perform, publicly display and distribute such content. The rights you grant in this license are for the limited purpose of operating, promoting, and improving our Services, and to develop new ones. This license continues even if you stop using our Services (for example, for a business listing you have added to Google Maps). Some Services may offer you ways to access and remove content that has been provided to that Service. Also, in some of our Services, there are terms or settings that narrow the scope of our use of the content submitted in those Services. Make sure you have the necessary rights to grant us this license for any content that you submit to our Services.
要するにアップした全てのものは、グーグルが勝手に使っていいということだ。勿論それだとやり過ぎなので、その後ろに、こういう但し書きもしてある
Your Stuff is yours. These Terms don’t give us any rights to Your Stuff except for the limited rights that enable us to offer the Services. We need your permission to do things like hosting Your Stuff, backing it up, and sharing it when you ask us to. Our Services also provide you with features like photo thumbnails, document previews, email organization, easy sorting, editing, sharing and searching. These and other features may require our systems to access, store and scan Your Stuff. You give us permission to do those things, and this permission extends to trusted third parties we work with.
しかしこういうふうに一旦全部グーグルのものと規定し、その後に当てはまるもののみユーザーの許可が必要だと規定するのは少し意地悪なのではないか。
またすでにシャットダウンされているが、つい最近までサーチの結果ページに、“brand image experiment”と称してバナー広告を出していた。以前は、ユーザーに対するメリットがないということで、結構反対していたと記憶している。
banner.png
まぁ、シュミット会長がDon’t be evilというスローガンに対して疑問を感じているのだから無理もないのかもしれない。彼はEvilの定義が難しいから、違うスローガンにしたほうがよいとパブリックな場で話している。
僕はここでグーグルを批判したいわけではなく、組織が大きくなってきて、特にアメリカで上場してしまうとミッションを追い求めることは難しくなってくるということを言いたい。グーグルはその中でもサーチエンジン広告というドル札印刷マシンがあるために、GoogleX等のMoonshotと言われる革新的なプロジェクトに投資してきた。だから、僕はいまでもTech系の大企業の中では、Googleが一番クールだと思っている。しかしながら、サーチエンジン広告のシェアが徐々に下がってきていて、次のドル札印刷マシンが完成していない中、四半期ベースで二桁台の成長が求められるプレッシャーは大きい。そして、組織が大きくなっていくと、多かれ少なかれモラルレベルは個人に比べて低下していく。まぁ、グーグルも少しずつ普通の企業に近づいてきたということだ。
“Why join the navy if you can be a pirate?”
どっちにジョインするかは人それぞれだが、やはり僕はpirateのほうが合っているかもしれない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.