Asymmetric information

僕は一種の情報収集魔で、毎日RSSリーダーで300以上の記事に目を通している。その上様々な雑誌を購読しているので、一種の活字中毒なのかもしれない。幸いにも最近英語で読むスピードも上がってきたので、日本語2割、中国語2割、英語6割くらいのインプットの割合になってきた。
そこで気がついたのは、英語媒体の殆どの記事はほぼリアルタイムで日本語もしくは中国語に翻訳されるが、その逆のフローは殆どないということ。結構マイナーな英語の記事でも、誰かしらが24時間以内に翻訳しているケースが多く非常に驚いた。
まぁ、僕はテック系、スタートアップ系の記事をよく読んでいるので、ちょっと偏っているかもしれないが、確実に情報の非対称性があると感じる。アメリカが世界の中心だと皆思っているので、其処の情報は高い優先順位で世界各地に伝播されていく。しかし英語リーダーに入ってくる海外の情報は、非常に遅れているか、誰かのフィルターを通されたコラム的なものか、非常に断片的なものが多い。
若干厄介なのは、多くのアメリカ人はその断片的な情報を基に意思決定をするので、えっまじで!?と思うようなアクションに良く遭遇する。勿論熱心にほかのチャネルで情報収集し、アービトラージを図っている人がいるわけなのだが。
引き続きアジアの情報をフォローするのはやはり重要ということだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.