How to make your PC 100 times faster by 7350 yen

Windows Vistaユーザーに朗報です!たった7350円であなたのパソコンが100倍速くなります!詳細は下記のURLを。
http://www-06.ibm.com/jp/domino04/pc/support/Sylphd06.nsf/jtechinfo/SYJ0-01B90EB
思い起こせば、一年半前にVista搭載のハイスペックマシーンを購入し、メモリを4Gまで増設した。しかし、Vistaが売りにしている「エアロ」機能は一ヶ月で飽きてしまい、残ったのは起動が異常に遅いパソコンだ。内定先のPCもすべてXPということだったので、この際に思い切ってダウングレードしてみた。効果は抜群、体感速度で3倍は違う。
PCに何を求めるかは人それぞれだと思うが、元パソコン販売員の経験からすると、大半の人はメール+ワープロ機能で十分である。もちろんビジュアルが綺麗な方がいいに決まっているが、それでサクサク動かなくなったら本末転倒である。実際のところ、現在Vistaのシェアは20%未満で、ビジネスユーザーに関しては壊滅的状況だ。
マイクロソフトのAnnual Report 2008をみてみると、Operating incomeのうち、OSだけで6割程度を占め、Officeを加えると9割以上に達する。つまりマイクロソフトは、ゲームやオンラインに展開を急いでいるが、ほとんどうまくいっていなく、収益構造の転換にはほど遠いのである。
WindowsやOfficeなど主力商品の「売上」から「製品開発」や「セールス」「マーケティング」などにかかったコストを差し引いたOperating incomeは,売上高の70~80%以上にも達している。Vistaの関係で不調だと思いきや、売上も順調に増大している。おそらく新興国での需要拡大(海賊版からのシフト)が進んでいるのだろう。
以上のように、マイクロソフトはその収益のほとんどをWindowsとOfficeに頼っているわけだが、そのデファクトスタンダードとしての地位はそれほど安泰なものではないと思う。まず5万円PCで見られるように、機能を集約し、ローコストのパソコンに対するニーズが高まってきている。イノベーションのジレンマではないが、OSも明らかに機能過剰だと思う。メーカーから見ても5万円のPCに、2万円のライセンス料は高すぎる。またWindowsとOffice は、みんなが使うから購入するのであって、機能が他商品よりも勝っているということでは決してない。ということは、OSのシェアには臨界点があり、それを下回ると雪崩的に、ゲイツの帝国は崩壊していくだろう。
話が長くなったが、いまVistaをお使いの皆様には、ぜひXPへのダウングレードをお勧めしたい。さぁ、あなたのパソコンの「Potential」を「Realize」しましょう!
1231.JPG

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.