H&M

先日内定先の忘年会があり、ドレスコードが「Formal or semi Formal」だったので、それにふさわしい服装一式を揃えることになった。
おしゃれ好きの友人からアドバイスを頂き、H&M銀座店に直行。話題のH&Mを初体験することが出来た。
以下、思ったことをだらだらと。
1,品数が少ない
実はH&Mには以前にも二回ほど足を運んでいたが、あまりにも人が多かったため、とてもゆっくり品定めできる状況ではなかった。今回は平日の午前中だったためか、お客さんの数がグッと減り、入場規制も掛かっていなかった。だが、品数も相当減っていて、店内のスペースを無理矢理数種類の商品で埋めている状況。サイズも全部そろっているほうが珍しかった。H&Mはロジスティックスで有名だが、それが全く現場に反映されていない。販売予測が下手なのか、それとも製造が追いつかないのか。
2,店員が少ない
ZARAもセルフサービスで有名だが、それと比べても店内のスタッフはだいぶ少ない。しかも多くの店員が棚卸しなどをしており、顧客の相談に乗れる店員の数はさらに限られてくる。ECではなく、お店に行くということは、商品を購入するだけではなく、一種のコンサルティングサービスを期待しているのだと思う。特にH&Mの服は、エッジが効いているので、詳しい店員のアドバイスをもらいたいところ。しかし、フィッティングルームのスタッフは、試着室の回転率を上げることしか考えていなくて残念だった。裾上げのサービスも行っていないらしい。
結果的には、僕は売れ残った唯一のパーティウェアが完璧にフィットしたので、購入することにしたが、リテンションには繋がらない。ロープライスのお店だからこそ、価格以外のところで付加価値を提供しないと厳しいと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.