Factory tour

内定先の英語研修を早退して、研究室の工場見学に行った。
同じ程度志望している候補を一つに絞り込むのは難しいが、同じ程度興味がない候補に対しては、意外にスパッと選択することができる。
このような時は、大体不確定な方を選ぶことが多いが、今回の選択は間違っていなかった。
見学した工場は、某大手メーカーの携帯工場。
思った感想を書いてみる。
1、日本企業の携帯事業(Sony以外)の今後は?
○低スペック(30$-100$)
規模の経済で、コストを下げたものが勝つ。
日本のシェアを100%とっても、ノキアの1/10以下なので、勝負にならない。
○中スペック(日本で売られている携帯)
販売奨励金のため、国内販売台数が激減。このパイで生き残れるのは、たぶん多くて三者程度。しかもあまり儲からないかも。
○高スペック(スマートフォンなど)
日本が得意とするハードでの競争ではなく、コンセプトの戦い。
正直ちょっと厳しい。
以上をまとめると、結構じり貧だということが分かる。
しかも売却しようとしても、あまり欲しがられない可能性大。
それでも、彼らはフルラインアップを狙いに行くらしい。
2、アカデミック VS コンサルチック
研究室の教授が携帯関連のプレゼンをしたが、完全に授業の延長線で、メーカーの社員はありがたい話を聞くかのようにメモをとり続けていた。
プレゼン内容は専門用語を多用し、かなり難解だったと思う。しかもメーカー側の足りていないところをダイレクトに責めていく。アカデミックな世界では、すごいプレゼンなのかもしれない。
だが、パートナーならともかく、来年働き始めた時の僕みたいな新人コンサルにとって、この様なプレゼンはクライアントとの関係を悪化させる以外の何物でもないだろう。
22才の若造が、その道何十年のベテランを動かして、それなりのアウトプットを出すのは、本当にチャレンジングだと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.