Toda Marathon

マラソンとは不思議なものだ。走っている間は苦しくて、二度とマラソンなんかに参加するものかと思っているのに、数か月後にはいつの間にか次のマラソンに応募している自分がいる。サブプライムからもわかるように、人間は忘れっぽくできているのだろう。
今日の天気は小雨。貧相な僕にとっては、あまり好ましくないコンディションだ。タイムは2時間ちょうど。天候を考えると、ハーフとしては可もなく不可もない成績だと思う。
走っている時に思ったことをいくつか。
1、マラソンは長期戦
こんなの当たり前だといわれそうだが、実際スタートからゴールまで最適な速度をコントロールするのは難しい。少しでも早く走ろうとするのだが、14km/hは13km/hより格段に疲れる。でも人間は非線形で物事を考えるのが不得意なので、そこまで頭が回らず、ついつい飛ばしすぎてしまう。
マラソンには、各種マスコットを身につけた選手も登場するわけだが、マスコット選手(例えば、アンパンマン)に抜かれるほど屈辱的なことはない。そこで何とか抜き返そうと試みるが、アンパンマンとの差は開くばかりで、自分のペースも崩れてしまうのが常である。
2、周りにランナーがいるから走れる
今日の大会は4000人以上の参加者がいたそうだが、これが一人ぼっちの大会だったら、タイムは固より、完走も儘ならないだろう。少なくとも、僕はそういう人間だ。辛い時は前の人について行けばなんとかなるし、その代りレース終盤になって歩く人が増えても、歯を食いしばって走る必要がある。
様々なベンチマークを用意することは、来年以降の自分にとっても、重要であることは間違いない。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.