Trip to Tibet and North Korea Vol.1

チベットへの旅を始める前に、フライトの関係で、上海で一泊した。前回上海に来たのは、10年前。その時の記憶はもはや断片的なイメージでしかないが、それでも上海の成長を感じるのは難しくない。ハードウェアの発展はもちろん、ソフト面、特に人々の自信に満ちた表情は、僕に強いインパクトを与えた。彼らの顔から、中国でもっとも発達している都市としてのプライドを感じることができる。中国の都市と農村間の格差は無視できないが、発展地域の中流階級は確実に育ってきているし、これはインドにないマーケットとしての魅力だ。
それと同時に中国は大きな変換点に直面している。順調に国内経済の成長を支えてきたのは、単純に部品を組み立てる加工産業の成功である。これは日本の高度成長を支えた輸出産業と違い、付加価値が著しく低い。中国が加工産業で成功できたのは、国内の廉価な労働力と社会主義ならではの外資優遇の政策だと思う。しかし、沿海地区のブルーカラーの給料はこの数年で3から4倍に膨れ上がり、外資はさらに安い労働力を求めてベトナムなどの東南アジアへの移転を始めている。中国は自身独自の技術発展を激励しているが、今のところ成果は乏しく、外資の更なる移転を促進しているに過ぎない。世界経済の停滞の中で、中国のこの変換点は予定よりも早く現れた形となった。
また長年言われてきた、政治と経済のギャップも社会の安定を脅かすほど大きくなっている。現行の政治体制は、オリンピックの開催には非常に適している。オリンピック期間北京の空気汚染は、10数年以来もっともよい水準に回復した。その対価として、北京市はもちろん、近隣地域のほとんどの工場が停止した。しかし共産党の一党独裁は、フレキシブルで、計画経済の正反対である、グローバル経済には対応しにくい。もちろん彼らも必死に改革を進めているが、共産党の自浄能力には限界があるのは明らかである。2015年前後に中国は大きな変革を経験することになるだろう。その成功否かは、中国の13億の人民に係っている。今回僕が中国の中流階級に対する観察の結論として、彼らは中国がおかれている状況を明確に把握しているし、政治体制の変革について楽観的な見通しを持っている。この中流階級が中国の政治面でも、経済面でも主流となれば、未来の中国は明るいと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.