Members of TSC are now wanted

僕のビジョンを実現する第一歩として、JP Morganのインターン仲間と一緒にTSC(Turnout Switch Creation))という団体を立ち上げました。活動してもう三か月近くになります。ついに軌道に乗り始めて、追加メンバー募集です。正直、参加するには一番おいしい時期ではないかと思います。
興味のある方はご連絡ください。
以下は、Sohara-kunが書いた告知文です。
今日は今やっている団体関係でアポを2つこなしてきました。
筑駒の先生に資料を持って行き、実験的に高校生に向けてプレゼンをする場を約束していただき、SPARXの社員の方には社会人ネットワークに関してバックアップをしていただくこととなりました。
で、活動がいよいよ本格化してきたので一緒に団体を手伝ってくれるメンバーを募集することになりました。
団体の目標は特に何もビジョンを持たずに生きている高校生、大学1,2年生をもっと能動的に、アクティブに動ける人間にすること。
以下ちょっとした紹介文。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
私たちTSC(Turnout Switch Creation)の目標は 高校生、大学1,2年生にもっと自分の人生について真剣に考えてもらい、もっと能動的に動いてもらうことです。
レールの上を走っているだけの学生のレール切替機(turnout switch)=人生のターニングポイント、を一緒につくる手伝いをしていこうと考えています。
今の日本の教育システムでは、大学受験、就職活動などの節目でしか自分のキャリア・人生について考える機会がなく、視野を広げるチャンスや社会についてよく知るチャンスが十分にないまま自分の進む道を決めている学生が多いというのが現状です。
厳密に言えば、チャンスはそこら中に転がっているにも関わらず、それに気付く学生が少ないのが問題です。
これは日本の学生が概して受動的な教育を受けてきたからです。
現に私たちも内定こそいただけましたが、大学1,2年のときに能動的に動いていれば、もっと違った視点や世界観、また社会人の方との出会いがあったはずだと考えることもあります。
実際就職活動をしているときも社会人の方との人脈が乏しいと感じておりました。
若い学生がもっと能動的に動き、様々な経験を通じ視野を広げ成長していけば、より意識の高い社会人が生まれ、日本はもっと活性化していくはずです。
私たち内定者は時間があり、かつ半分社会人・半分学生という特権的な身分を持っており、学生に社会を見せる手伝いは内定者でしかできないと考えています。
学生と社会人をつなぎ、また学生に社会の様々な面を見せ、彼らを触発したい。
このような気持ちで今回このような団体を立ち上げる運びとなりました。
まだメンバーは少ないですが、既にマッキンゼー、BCG、ゴールドマンサックス、JPモルガンの内定者が参加しており、これからも拡大していく予定です。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
内定もらって暇で、かつ少しでも興味ある方はメールください。
一緒にやりましょう。
chichesta@gmail.comにメールくれれば今日完成したプレゼン資料も送れます。
よろしくお願いします。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.