Plan of next year

さて僕は再来年の春に就職するわけだが、良くも悪くも一年半の空白時間がある。人生でこれほどポテンシャルのある時間はもうないだろう。うまく活かせば僕のキャリアにとって大きなプラスとなると思う。
来年で最優先すべきはやはりM社入社の準備であろう。なぜなら、M社での最初の3年間はおそらく人生で最も成長する期間の一つとなると思う。そのスタートがうまく切れるかどうかは、まさに死活問題である。
そこで重要になってくるのが、自己批判能力、英語力と体力。自己批判能力は、メタな視点で自分を見つめ、物事をとことん掘り下げる姿勢を養うことだ。M社での研修を中心に身につけていきたい。
また社会人になるまでに、学生ならではの経験もしておきたい。特定分野における知識遍歴(読書など)、世界文明センターの講義受講、海外旅行(北朝鮮、キューバ、東欧など)。一流の海外法律、会計事務所でのアルバイトもしてみたい。
あと、これまで強くなかったリーダーシップ力を身につけたい。これに対しては、今企画中の高校生支援団体やビジコンを考えている。
やはり学生なので、卒業研究もしなければならない。しかも僕の場合、東工大と一橋双方で卒論を書く必要がある。せっかく書くのなら自分のためになるものにしたい。一橋では、世界の貧困問題に取り組むNPOの経営システムに迫りたい。東工大にどういう研究室があるのかよくわからないが、純文系のものは避けたいところだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.