The Flock

消えた天使
ジャンル : サスペンス
製作年 : 2006年
製作国 : アメリカ
# 監督・製作 : アンドリュー・ラウ
# 出演 : リチャード・ギア 、 クレア・デインズ
070418_kietatenshi.jpg
【あらすじ】
長年性犯罪登録者の観察を続けてきた公共安全局のバベッジは、退任まであとわずかとなっていた。そんな彼の元に後任のアリスンがやってくる。バベッジはアリスンを連れ、実地訓練とばかりに担当登録者の元を訪れる。強姦を犯したエドモンド、夫がバラバラ殺人を犯し自らも3件の罪に問われたビオラらの家を回り、さらに車で移動する中、2人の元に誘拐事件の報が入る。バベッジはその犯人が登録者の中にいると確信し…。
【感想】
昨日に引き続き、アンドリュー・ラウの作品を見る。ハリウッドでのデビュー作だそうだ。
印象に残った言葉、
「人間の心の深遠を覗くものは、向こうから覗かれることに注意しなければならない。」
悪と戦うとき、自分も知らずのうちに、相手と同じになることは多々ある。しかも、自分で適当な言い訳を考える。
この映画はいい映画だが、もう一回見たいとは思わない。難しいテーマを取り扱うのはいいが、観客によりスムーズに伝えたほうがいいと思う。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.