CONFESSION OF PAIN

原題 傷城/CONFESSION OF PAIN
製作年度 2006年
上映時間 111分
監督 アンドリュー・ラウ 、アラン・マック
出演もしくは声の出演 トニー・レオン 、金城武
070420_kizudarake_main.jpg
【あらすじ】
2003年のクリスマス、ポン(金城武)が凶悪犯を逮捕した晩に、彼の恋人は自殺を図り還らぬ人となる。3年後、酒浸りの日々を送っていたポンは、刑事を辞めて私立探偵になっていた。彼の元上司のヘイ(トニー・レオン)は富豪の一人娘スクツァン(シュー・ジンレイ)と結婚し、幸福な生活を送っていたが、ある日、義父が何者かに惨殺され……。(シネマトゥデイ)
【感想】
アンドリュー・ラウの独特の雰囲気がある。僕が結構好きな雰囲気だ。深くストリーを現実的に考えるよりも、とにかく雰囲気に浸っていた。
映画をみるときは誰も気にしなくていいし、いろいろ考えなくて済む。いい気分転換になった。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.