Soliloquy in GW

世間はゴールデンウィークらしいが、ぼくはパソコン販売員としての仕事は全うしている。ゴールデンウィークでこのバイトを辞めるつもりなのだが、気がつくともう一年半この仕事をやっていたことになる。僕からパソコンを買いたい人はお早めに(笑)
180101-3_thumb.jpg
いろんな電気屋さんを渡り歩いて、いまはカメラ系列の大手量販店に落ち着いている。このお店の販売力は、他のお店とは比較できないほどすごかった。一番のウリは、都心密着型の出店と最安値を誇る値段。これと正反対のビジネスモデルを提案したい。
電気量販店は大手になるほど、メーカーからの派遣が多くなってくる。ぼくもその一員なのだが、基本的に自社製品しか販売しない。また、僕らの給料は全額メーカーから支給される。量販店としては、販売量を物に言わせて、販売員をただでもらってきたようなものだ。しかし、消費者にとってこれほど迷惑なことはない。自分の欲しい商品の代わりに、メーカーが売りたい商品を買わされているだけだ。しかも大半の消費者はそれに全く気づいていない。
確かにメーカーからの販売を使うことによって、人件費を大幅に削減し、最安値を実現できるわけだが、家電は値段だけではないと思う。本当に自分に似合った商品を選ぶことで、同じ値段でも効用はだいぶ変わってくる。
そこで僕が考えたのは、「ネットかかりつけ販売員」である。ネット上で、販売経験豊富の販売員があなたのために商品をチョイスしてくれる。メーカーからのお金、販促品は一切いらない。家の中の家電をトータルに考え、最適な家電をお勧めする。カルテのようなもの作り、以前の蓄積から傾向を割り出し、より迅速にお客様に対応する。相談が必要な、ある程度高価な家電に絞る。
ネット上で360度の回転画像が見れるようし、それでも不安な人のために、住宅地の近くにいくつかのショールームを作る。そこではリラックスした感じで商品が見れて、その場でネットからのアドバイスが又受けられる。事前に予約が必要で、候補の商品をその日のうちに倉庫から取り出す。
商品自体の値段は、量販店より5%ぐらい高めに設定し、会員制にする。会員には年会費を支払ってもらう。また、消費者の詳細な嗜好がデータとして蓄積されるので、これをメーカーに販売する。
ターゲットは、30代から60代の家族、中高年層など。
うまくいけばいまの量販店から、ある程度シェアを奪えると思うのだが、どうだろうか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.