Senior and Junior

先輩と後輩の差とは何か。それは生まれが早いか、遅いかだけの問題と思う。一人の人間を評価する際、いろんな判断の仕方があると思うが、生年月日だけで判断するのは非常におかしいと思う。数ヶ月だけの差でも、先輩に対して敬語で話す必要がある。もちろんそれ以外にもいろいろ気配りをしないといけないのだが。
実際のところ人間を総合的にみたとき、生まれが一年違ってもそんなに大きな差が出るわけではない。確かに、学校では先輩のほうがより高度なものを扱っているし、バイト先では先輩のほうが仕事が良くできる。しかしそんなのは表面的な現象であり、本質的なところは分からない。
先輩と呼ばれ、気を使われるのは気持ち悪いことではない。しかし、それで自分が後輩より勝っていると感じるのは非常に危険だ。人間は時間が経つにつれて自然と成長するものではない。だが、先輩は時間が経てば誰でもなれるものだ。これは肝に銘じておかなければならない。
自分が30歳になったとき、20歳の若者に対して上の議論と矛盾がないように接したい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.