THE MOTORCYCLE DIARIES

モーターサイクル・ダイアリーズ
2004年イギリス/アメリカ
監督:ウォルター・サレス
原作者:エルネスト・チェ・ゲバラ
出演者:ガエル・ガルシア・ベルナル 、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ
T0002096.jpg
【あらすじ】
23歳の医学生・エルネストは、親友のアルベルトとともに南米大陸を縦断する旅に出る。資金も、泊る宛てもなく、気の向くままに進み続ける1万キロの旅。…二人は様々な人々と出会い、また、幾多のトラブルを乗り越えて行く。そんな中、やがてエルネストはラテン・アメリカの真の姿に気付き始める…
【感想】
南米の地図にペンで一本の線を描く。それを道筋におんぼろバイクで一万キロの旅に出る。最高にカッコいい。ぼくのインドの旅なんかちっぽけ見えてしまう。
チェ・ゲバラについては、いままでTシャツの登場人物としか認識していなかった。発展途上国によく見られるような、熱血の社会主義者だと思っていた。しかし、彼に近づいてみると、彼は僕の心のそこに眠っていたものと同じ類のものを持っている気がした。
「何のために旅をしているのか?」「旅をするからさ」チェ・ゲバラはそう答えた。彼はあの旅でだいぶ変わったらしい。インドの旅が僕に与えている影響を考えれば当然のことだ。
彼の生き方にはあこがれるが、現実的に考えるとぼくにとってそれは希望の就職先を放棄することとほぼ同義である。いまぼくに与えられた条件の中で、いかに自分の夢をかなえるのか。これは今後もぼくの重要な課題のひとつであるだろう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.