Road to India, Nepal and Korea Part.5

インドで市民の足といえば、リキシャである。語源は日本語の人力車。前の戦争のとき、日本軍が広めたものらしい。最近は人でこぐリキシャ以外にも、オートリキシャといわれるモーター付のものがある。デリーではもっぱらそれに乗って市内観光をしていた。外国人は驚くのだが、リキシャは交渉制である。どこどこに行くと伝え、それから双方の駆け引きが始まる。疲れるが、慣れてくると意外に楽しい。
IMG_1816.JPG
そんなリキシャに揺られて(かなり揺れる)町へ繰り出す。インドの道路は混雑極める。交通の便が悪いのは、東南アジア全体に見られることだが、インドは群を抜いていると思う。その最大の原因は、牛が自由に道路で散歩したり、ご飯を食べたり、昼寝したりするにもかかわらず、警察含めだれもそれを退けようとしないからだ。これがインドなのだろう。
観光名所を一通り回ったところで、映画を見ることにする。インドの映画は非常に発達していて、年間1000本以上作られているらしい。ポスターに出ているタイトルが全部ヒンドゥー語のなので、適当に待ち時間が少ないのを選んだら18禁の映画だった。期待を膨らませて館内に入る。
インドの映画は他の映画にない魅力がある。それはすばらしいインド音楽だ。シーンに合わせてリズミカルなインド音楽が流れてくる、その使い方は一流だ。またクライマックスの後は、ミュージカル風にみんな音楽にのって踊りだす。敵も味方もなく、死にかけていた人もはつらつと腰を振る。いつ18禁場面が出るのかとはらはらしていたが、結局何もなかった。インド人に聞くと、インドはアダルトの規制が厳しく、ビキニで18禁になるらしい。
映画館を出た後、僕の前の席に座っていたフランス人カップルと仲良くなり、晩御飯を一緒に食べることになった。フランス語を勉強していて、はじめて役に立ったと感じる。彼らが薦めてくれたレストランは、デリー最高級のレストラン。ぼくの汚いジーンズとよれよれTシャツはかなり場違い感があった。最高級といっても、ひとり1500円ぐらいで済むのだが。彼らはおなじ中学で歴史を教える先生で、いまは10ヶ月の休暇をとって世界を旅しているらしい。日本ではありえない話だ。残っている歴史の先生はきっと大変な思いをしているだろう。そんなかれらもインドからネパール、チベット、中国、韓国を経由して東京にくるらしい。東京に来た際には、一緒に寿司を食べよう約束をした。だれか安くてうまいすし屋さん知りませんか?

Road to India, Nepal and Korea Part.4

韓国までの連れと別れ、ひとりでインドに旅立つ。
一人で旅をしているとき、自己責任という言葉が身に沁みる。この先進むべき道はすべて自分で決めないといけないし、すべてのトラブルは自力で解決しなければいけない、それでうまくいかなかったとき責任を取るのは当然自分しかいない。特にインドでは、自己責任の意味がさらに増しただろう。
格安航空券なので、深夜日にちが変わってからインディラ・ガンジー国際空港に着く。深夜にもかかわらず、外には大量の人が待ち構えていて、その大半はホテル、旅行会社とタクシーの客引きだ。
IMG_1807.JPG
屋外に出て、リムジンバスの乗り場を聞こうと周りのインド人に聞く。今日はもうやっていないと言われる。その話を信じて、日本人3人を捕まえてタクシーの相乗りで市内に向かうことにする。するとタクシーの受付で出てきたのは、さっきリムジンバスがないと教えてくれたあのおっちゃんじゃないか。やられた…
その後、タクシーの中で一時間にわたるホテルの勧誘が始まる。やっとのことで目的地に着いたが、あまりにもぼくの想像とかけ離れていた。予約したホテルは「メインバザール」にあり、デリー随一のショッピングエリアらしいのだが、どう見てもただの泥道にしか見えない。しかも明かりがないので真っ暗だ。奇跡的にホテルにたどり着き、インドで最初で最後のクーラーつきの部屋でぐっすり眠りにつく。
IMG_1808.JPG
朝に改めてホテルの前を撮ってみた。真っ暗な中、こんなぼろホテルを探し当てた自分に感心する。

Road to India, Nepal and Korea Part.3

韓国の宮殿やお寺には興味がなかったため、北朝鮮との国境へと向かう。
国境から5,6キロ離れたところに「第三トンネル」というものがある。北朝鮮が韓国侵入のために作ったそうだ。このトンネルをあわせて合計4本ある。発想が将軍様らしい。なかに入ってみると天井が低い、おかげさまで首と腰が痛くなってしまった。
IMG_1763.JPG
その後国連の車に乗り換えて、国境線まで向かう。
IMG_1777.JPG
重々しい雰囲気もすごかったが、一番びっくりしたのが北朝鮮の戦士が意外と弱そうだったという事だ。韓国側は超強そうな韓国軍人と国連軍がわんさかいるのに、向こう側は一人しか立っていない。しかもその一人もかなりひょろひょろで、3分間以上まっすぐ立つことができないみたいだ。日が当たるとすぐ避ける。これは将軍様がわれわれを油断されるためなのだろうか。
夜、韓国の歌舞伎町「イテウォン」へ行く。韓国の友達にもあそこは危ないと何回も注意されたのだが、自分の目で確かめてみたかった。表通りはとくに変わったものはない、しかしちょっと裏通りに入ると状況は豹変する。大勢の韓国警察と米軍兵士、そして自ら客引きをやっている女。東洋人の男性は僕一人だけだった。
IMG_1787.JPG
韓国警察の引率の元で米軍が女と交渉していたので、写真をこっそり撮ってみた。何気ないふりをして、その場を立ち去ろうとすると警察が3人ぐらい来る。僕に向かって韓国語をしゃべってくるが、分からないふり(実際何も分からない)をして振り切ろうとする。そのときだ、先ほどの5人ぐらいの米軍がいっきに僕に向かってきて、僕を隅っこに追いやったのだ。ここはべつに写真禁止じゃないだろと主張したが、むこう(たぶん酒が入ってる)はどんどん迫ってくる。さすがに怖くなったので、しぶしぶ例の写真を削除した。国境線にいたときよりはるかに緊張してしまった。
次の日、韓国の早稲田といわれている高麗大学を見に行くことに。校内がバカでがくて、まるで西洋の宮殿のようだった。そのあたりをうろついていたら、本館(安田講堂みたいな感じ)の前に巨大なテントが張ってあるではないか。
IMG_1802.JPG
テントの中にいたヤンキー風の学生に事情を聞いてみる。それによると学生運動で7人の高麗大生が退学処分になったので、130日間ほどここで抗議しているとのことだった。学校が始まっても、強制撤去されるまでがんばるらしい。まるで日本の安保時代。ちなみに彼ら自身は退学にはなっていないが、授業の申告ができないらしい。

Road to India, Nepal and Korea Part.2

旅は下落合から始まった。いつも乗っている電車なのだが、敢えて悲壮な感じを出し気分を高揚させる。その結果、西武線の切符をなくしてしまいスカイライナーに乗り遅れそうになった。切れ味の悪い出発だ。
電車の乗り込むと前の席に若い女性二人組みが座っていた。この二人は成田に着くまでの一時間の間ひたすら化粧をしていた。どこの国に行くのだろう。
おいしい機内食を食べている間に、無事ソウルへ到着。あまりにも日本っぽくてびっくりする。
パスポートを取り出して入国審査へ向かう。普通に通過できると思いきや、入国審査官の表情が非常に微妙だ。英語で彼に、僕は日本で韓国大使館に問い合わせて、その回答はビザが必要ないということを説明するが、伝わっている様子が見られない。彼は何本か電話をかけた後、あっちの部屋にいけと命令する。その部屋には、制服を着たひとが5,6人。僕のパスポートを囲んで韓国語で議論し始めた(けんかしているようにも見えた)。そばで待っている僕はたまったもんじゃない。会話の進展が全く分からないので、いまにも強制送還を言われるんじゃないかとびくびくしていた。5分間(30分に思えた)ぐらいたった後、ビザは発行されパスポートに意味不明な韓国語をいろいろ書かれた。スリリングな入国だった。
空港を出て、リムジンバス乗り場待ってると、ちょっとおしゃれな男性がしゃべりかけてくる。旅先出会い第一号だ。
旅先での人との出会いは、国籍を問わず無数にある。それは、旅を面白くする要素であり、あるいは、それが旅の楽しみの本質なのかもしれない。出会う人により、旅は良くも悪くも大きく左右される。普段の日常生活では、僕の身分はすでに決まっている。しかし旅先では、その身分と関係なしにぼくは自由に自分の身分を決めることができる。ほかの人がセーブしたRPGゲームにロードするように。旅先で出会う人にとって、私はひとりの個人としての、ただその場に存在する限りにおいての「私」だ。それ故、その出会いは援助交際のようにもろく、氷の彫刻が解けるごとく消えていく。
彼はほかの二人と旅をしていて、みんな面白い人ばかりだ。
彼自身は韓国人で(今回の旅行で東アジアの人の国籍をあてるのがいかに難しいかよく分かった)、日本語と中国語を流暢に話す。イタリアへアイスクリームの勉強をするため留学を準備しているとのこと。隣の日本人女性とは中国のウイグルで出会ったらしい。彼女は去年世界一周を果たしたそうだ。もう一人の男性はイスラエル人で、日本でコピーの高級バッグを売りまくって逮捕され、いまは再度ビザを取るため韓国に来ていると説明してくれた。
バスがソウルの中心街に着くと、彼らと別れを告げ予約していたホステルへ向かう。
夜焼肉を食べようと思って、ホステルの周りを散歩していたら、客引きのおっちゃんに強引に中に連れて行かれる。おまけにほとんど注文していないのに山ほど料理が出てきた。おいしかったし、そんなに高くなかったから結果的にはよかったけど。
IMG_1744.JPG
その後タクシー(ソウルは交通費が安いのがうれしい)で東大門へ。ソウルで最もにぎやかな市場である。溢れんばかりのエネルギーに圧倒される。
IMG_1754.JPG
ブラジャー専門店
ホステルに帰り、欧米人と語り合う。英語のありがたさをしみじみ感じる。みんなさきほどの三人組に負けないぐらいおもしろいだが、彼らの紹介は割愛することにする。

NOCHNOI DOZOR

ナイト・ウォッチ
2005年 ロシア 115分
■監督・脚本 ティムール・ベクマンベトフ
■脚本 レータ・カログリディス
■原作 セルゲイ・ルキヤネンコ
■出演 コンスタンチン・ハベンスキー / ウラジーミル・メニショフ / マリア・ポロシナ
nightwatch_1.jpg
【あらすじ】
ロシア発、ナイト・ウォッチvsデイ・ウォッチのダークファンタジー!3部作第1章。特殊な能力を持つ人間“アザーズ”。その昔、光と闇とで激しい戦争が続いており、世界は破滅の危機に瀕していた。戦争が無駄だと気付いたそれぞれの王は休戦協定を結ぶ事にし、何世紀も平和に保たれていた。現代―新婚のアントンは、早々に妻に逃げられる。アントンは妻を取り戻すべく呪術使いの夫人宅を訪れるが、取り戻すには妻が身籠っている子を流産させるしかないと言う。夫人は呪いの儀式の過程で、光と闇の協定違反により逮捕されてしまう。
【感想】
CGがふんだんに使われていて、舞台がロシアと言うこと以外ロシアっぽさはなかった。
カメラワークが目まぐるしく、緊張感を与えているのはいいのだが、それがずっと続くので、そのうちだるくなってくる。
主人公たちは超能力の持ち主らしいけど、戦い始めると意外と普通の地味な戦い方をする。しかも、人間並みにもろい。ナイフで刺されたぐらいで死にかけている。なのに次の場面ではもう全治しているから訳が分からない。
あとは音楽の使い方。最終的に世界は闇に包まれるという大変な事態に陥るのだが、なぜかその後の音楽がロシアの陽気な民謡なのだ。
たった400万ドルの制作費だから、期待しすぎるほうが悪いのかな。

LICHNYY NOMER

インドの荷物の整理がついたので、映画を見に繰り出す。
ロシア映画の二本立てをやっていたので、それを見ることに。
大統領のカウント★ダウン
LICHNYY NOMER
2004年 ロシア 111分
■監督・脚本 エヴゲニー・ラヴレンティエフ
■出演 アレクセイ・マカロフ / ルイーズ・ロンバード / ション・エイモス
count_down_1.jpg
【あらすじ】
ロシア軍とチェチェン独立派との激しい対立のさなか、チェチェン軍の捕虜になってしまったロシアの謀報員、アレクセイ・スモーリン少佐。チェチェン軍による激しい拷問の末、モスクワで起こった爆破テロに関わったと嘘の証言をさせられ、偽証テープを作られてしまう。その頃、モスクワのサーカス場で、アレクセイの最愛の娘を含む多くの子供達が人質に捕られる事件が発生する。これは、イスラム過激派と手を組んだチェチェン独立軍による大規模なテロ計画だった。
娘を助けるため、そして自身の身の潔白を証明するため、モスクワに向かうアレクセイだったが・・・。
【感想】
ロシア映画自体初めてだし、アクション映画も本当に久しぶりだ。
キリル文字を久しぶりに見れて懐かしい感じがするが、ロシアを匂わせるのはそれぐらいだった。ハリウッドらしくて残念だ。
テーマはテロだったが、幼稚だと言わざる終えないだろう。
テロリスト側は常に悪で、ロシア側はスーパーマンのごとくなんでもやっつけてしまう。プロパガンダのにおいがぷんぷんした。「ミュンヘン」をみたしまったので、その幼稚さがいっそう伝わってくる。
全体的に、CGを多用しビジュアル的には迫力があったが、内容は無に等しかった。メッセージが単調すぎて笑ってしまう。特に後半になってきたらなんでもありで、想像力の貧弱さが伝わってきた。
最後のエンドクレジットは、「われわれは対テロ戦争必ず勝つだろう」だった。アメリカ政府の広報用にぴったりかもしれない。