KVS seminar vol.11

hirose.jpg
蔵前ベンチャー相談室 第11回講演会
講師:
稲葉 善治氏
1973年東工大機械卒 工学博士 
2003年からファナック㈱代表取締役社長
広瀬 茂男氏
1976年 東工大制御工学博士卒
東工大大学院教授(機械宇宙システム専攻)
稲葉さんはずっと自社のロボットのすごさを宣伝していたが、自己満足の部分が多いと思う。いま工場の現場では、コスト第一主義からスループット第一主義にシフトしつつある。しかし、ファナックの最新鋭のロボットでコストダウンはできるかもしれないが、それがどうやって利益につながるか全く見えてこない。ものづくりは確かに日本のよき伝統であり、強みでもあるが、ユーザーなきものづくりは失敗するだろう。
広瀬さんは蛇型ロボットをはじめとするユニークなロボットを研究しておられる方だ。世界的にも有名みたいだが、その成功の背後には「遊び心」があると思う。社会のためとか、人類のためとかと謳っている研究者は多いが、それではクリエイティブな発明はできないだろう。何にも囚われず、自由奔放に脳を発散させてこそ、革新的なものは生まれる。それを使うか使わないかは、社会が決めたらそれでいいじゃないか。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.