Road to India, Nepal and Korea Part.4

韓国までの連れと別れ、ひとりでインドに旅立つ。
一人で旅をしているとき、自己責任という言葉が身に沁みる。この先進むべき道はすべて自分で決めないといけないし、すべてのトラブルは自力で解決しなければいけない、それでうまくいかなかったとき責任を取るのは当然自分しかいない。特にインドでは、自己責任の意味がさらに増しただろう。
格安航空券なので、深夜日にちが変わってからインディラ・ガンジー国際空港に着く。深夜にもかかわらず、外には大量の人が待ち構えていて、その大半はホテル、旅行会社とタクシーの客引きだ。
IMG_1807.JPG
屋外に出て、リムジンバスの乗り場を聞こうと周りのインド人に聞く。今日はもうやっていないと言われる。その話を信じて、日本人3人を捕まえてタクシーの相乗りで市内に向かうことにする。するとタクシーの受付で出てきたのは、さっきリムジンバスがないと教えてくれたあのおっちゃんじゃないか。やられた…
その後、タクシーの中で一時間にわたるホテルの勧誘が始まる。やっとのことで目的地に着いたが、あまりにもぼくの想像とかけ離れていた。予約したホテルは「メインバザール」にあり、デリー随一のショッピングエリアらしいのだが、どう見てもただの泥道にしか見えない。しかも明かりがないので真っ暗だ。奇跡的にホテルにたどり着き、インドで最初で最後のクーラーつきの部屋でぐっすり眠りにつく。
IMG_1808.JPG
朝に改めてホテルの前を撮ってみた。真っ暗な中、こんなぼろホテルを探し当てた自分に感心する。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.