戦場のピアニスト

ラタテ觸szpilman2.jpg
洋画ドラマ -ヒューマン
THE PIANIST
2002年ポーランド/フランス
監督:ロマン・ポランスキー
出演者:エイドリアン・ブロディ
【あらすじ】
1940年、ナチス・ドイツがポーランドへ侵攻した翌年、ユダヤ系ポーランド人で、ピアニストとして活躍していたウワディク・シュピルマンは家族と共にゲットーへ移住する。ゲットー内のカフェでピアニストそしてわずかな生活費を稼ぐも42年にはシュピルマン一家を含む大勢のユダヤ人が収容所へ送られた。だが運命の悪戯か、ウワディク一人が収容所へ連れられる人々の列から外れ、収容所送りを逃れることができた。しかし彼にも、生きても捕まっても地獄の日々が始まる…。
【感想】
「シンドラーのリスト」と同様の感動を味わえると思ったが、そううまくはいかなかった。過激なシーンがほとんどないので、戦争の厳しさがそこまで伝わってこない。そのかわりプロパガンダのにおいがする。
そういえば、いまイスラエルがレバノンに侵攻している。26日には国連レバノン暫定軍(UNIFIL)監視所を空爆し、中国人を含む国連要員4人が殺された。
あれほどひどい仕打ちをうけたユダヤ人は、せっかく2000年ぶりに約束の地で自分たちの国を作ったのに、なぜまた自ら暴力を繰り返すのか。
人間とは、所詮こんなレベルだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.