さらば、お茶の水!

時間がたつのは早いものだ。ぼくのお茶の水生活にピリオドを打つ日がついに来た。もう終わりだと分かると、卒業する時のようなしみじみとした気持ちになってきた。たった4ヶ月なのに、不思議なもんだ。
そのあと靖国神社へと向かった。
yasukuni1.jpg
一回は行ってみようと思っていて、今回は近くのインド大使館に用事があったので、入ってみたのだ。日本の外交を大きく左右する靖国神社の外見は、ほかの神社とそんなに変わらなかった。違いは、献灯がほとんど戦友会のものだったぐらいだ。
今日はちょうど「みたままつり」をやっていて、近くの高校生がかなり遊びに来ていた。ぎこちない平和を感じた。参拝は最初からするつもりはなかったので、遊就館に直行。
遊就館の内容は、思っていたのとほとんど変わらなく、戦争に対する反省の思いは見られなかった。なかにはこんな記述が「日中関係を悪化させるために中国が戦争を起こした」、「アメリカの進攻を防ぐために、真珠湾を攻撃した」。最近、日本の一部の政治家は先制攻撃論を主張している。先制攻撃論を用いると、すべての戦争は自衛のためやったと主張でき、日中戦争と太平洋戦争(大東亜戦争)も正当化できる。戦争をやらないという憲法9条からよくここまで解釈できたと思う。ほとんどの戦争は自衛を口実に使うので、この解釈の仕方で行くとどんな戦争でもできてしまう。
憲法9条を改正するのはいいと思うが、拡大解釈は絶対いけないと思う。解釈は歯止めが掛からない、誰が行ったのかもよく分からない、責任も不明確。軍事力を高めるのであれば、憲法を改正してからやってほしい。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.