新宿交響楽団&Short Shorts Film Festival

中間試験前なのに、簿記の屈辱を忘れるため半日も遊んでしまった。
sso31th_s.jpg
お茶の水で知り合った友達が、出ていると言うので行ってみた。プログラムをよく見てみたら、なんとパートリーダーではないか!社会人中心の楽団で、学生がリーダーになるというのはかなりすごいことだとおもう。来週あったら、ゴマでもすっておこう。
内容は管弦に詳しくないので、よく分からないが、すくなくとも素人の目から見た限り、とてもよかった。しかし、このような演奏会でもチケットはほとんど売れず、ボランティアでやっているようなものらしい。そういえば、ぼくが所属する合唱団「コールクライネス」もそんな感じだ。東京都だけで、交響楽団は300以上あり、合唱団は2000以上もある。この資源を何とか生かせないのかと強く思った。よいビジネスモデルさえ作れば、WINWINの効果が生まれると思う。
image_s.jpg
その後、原宿へ直行。
このイベントは文字通り、10分から20分の短編映画を見るというものだ。これほど時間は限られているので、監督は必死で内容を詰め込もうとすると思ってみていたら、全然そんなことはなかった。むしろ、テーマがはっきりしない、時間を贅沢に使っている作品が多かった。個人的には、少し物足りなかった。
それはさてとし、なんで映画は2時間ぐらいだと決められているのだろう。10時間でも、30分でもいいような気がする。芸術的にそれが最適なのか、それともビジネス的にそれがやりやすいのか、それとも人間の集中力の限界なのか。そういえば、音楽も4,5分のものが多い。最近はCDという媒体の制限がなくなった以上、もっと長い曲を作ってもいいのではないかと個人的に思っている。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.