ゼロ金利

今日久しぶりに通帳記入をしたら、利息が3円増えていた。日本でお金をため始めてから、ぼくの中ですっかり利息と言う概念が消えてしまった。なんせ、日本は数十年間もゼロ金利政策をやっているのだから。
諸外国を見てみよう。アメリカは2%、オーストラリアは5%、中国は2%、英国は4.5%、ニュージーランドはなんと7%。日本は先進国の中ではもちろん、世界的にも例を見ない金利政策を行っているのだ。
日本銀行は、ゼロ金利政策は景気回復のためで仕方がないと言っている。しかし、この数十年間ほかのいろんな国でも不況があったにもかかわらず、どこもこのような政策を長期にわたって実行したりしない。またゼロ金利政策が始まって数十年もたった今、景気はやっと上向きになってきた、これは本当にゼロ金利のおかげなのだろうか。
原因は他にあるとぼくは考える。ご存知のとおり、バブル崩壊で日本の大手銀行は大量の不良債権を抱えることになった。私たちに渡されるべき利息は、不良債権の穴埋めに利用されたのである。軽く見積もっても、数十兆円はあると思う。銀行はただでお金を借り入れて、それを10%ぐらいで貸しているのだから、儲からないわけがない。なのに国民のお金でこの数十年間不良債権を処理してきたくせに、不良債権の処理にめどが立ちましたと威張っている。
なぜ政府は銀行をここまでして守ろうとするのだろうか。バブル崩壊のとき、潰れてもおかしくない銀行はたくさんあったはずなのに、それがぬけぬけと生き残っている。そんな銀行はたとえ不良債権の処理が終わっても、利益が出る体制にないのである。そもそも、政府が金融業を過保護するので、日本の金融業は先進国の中で異常に弱くなってしまったのだと思う。政府主導で成功した産業があるのだろうか。
无标题.bmp
日銀の福井俊彦総裁は、今日「適切な時期に、適切な水準へ金利を設定していかなければならない」といった。早く適切な時期になってほしいものだ。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.