ジェシー・リバモアとホリエモン

『世紀の相場師ジェシー・リバモア』という本を読みました。(僕が最近読んでいる本の詳細はこちら http://u318.umu.cc/Book2.htm)
リバモア14歳の時に5ドルを手に家出同然でボストンを目指しました。20代後半には、アメリカで指折りの金持ちになり、その後1929年の世界大恐慌を見事に予言し、空売りで億単位の利益を得ました。まさに世紀の相場師です。しかしその後彼の力は衰え、自らピストルで自分の人生にピリオドを打ちました。
リバモアを読んでいて、思わずホリエモンを連想しました。ホリエモンも600万円から7000億円の巨富を築き上げました。しかし今は囚われの身です。
僕が思うに彼らの共通点は、はっきりとした目的がなく、お金のためにお金を稼いだことです。彼らのとって、お金は自己満足の指標であり、実際の通貨ではないのです。お金は単なるお金を増やすツールであり、彼らにとってマネージメントはゲームなのです。そのゲームで勝つことが彼らの目的であり、別にお金で何かをしようというわけではない。
もし彼らがしっかりとした人生哲学をもち、なにか社会のために役立つ気持ちがあったら、もっとよい結果が得られたでしょう。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.